WesternElectricAudio

1920年代〜ウエスタンエレクトリックオーディオの コレクションや自作のアンプなど

WE555+WE15Aをフルレンジで鳴らす為に

net

WE555+15Aホーンの音は、例えようもなく美しいのですが、

やはり低域と高域には不満が残ります。

そこで、これまでも幾つかのネットワークに繋いで

聴いていましたが、常に「モヤモヤ感」が残ります

自分の勝手な判断ですがウーハーに使用しているWE4181

結構上の方まで出ていて、逆に15Aホーンはかなり下の方まで

出ている事が原因と考えていました。

そこでWE555+15Aはフルレンジで鳴らして4181150Hz

程度に抑える事ができるネットワークを作ってもらえないかと

お願いしていたものが届きました。

クロスは4181132Hz/6dB555フルレンジ、

596Aはコンデンサーカット

非常に上手くいきました!

どの帯域ものびのびと鳴っていて素晴らしい音がしています。

特にWE555+15Aとウーハーとで被っていた部分が分離され

15Aフルレンジの素晴らしい音に4181の重低音が綺麗に

繋がっています。

モヤモヤも無く、しっかりした低域で

心配していた繋ぎ目もまったく違和感がありません

くわしくはこちらのブログに書いていただいています(参考まで)

https://ameblo.jp/s211amg550/entry-12760204145.html



ALTEC 1567A

以前にオークションで入手していましたアルテック1567Aの改造
&レストアをお願いしていました会社様から帰ってきました。


トランス類(15356/15095)を探してもらうのに相当時間もかかり
ましたが、おかげさまで5チャンネルの内4チャンネルは
アンバランス/バランスを切り替えスイッチで選択できるようになっています(出力は150Ω)


WEの試聴記事に度々登場するだけあって、元気で押し出しも
強めですが、じっくり聴いても味のある魅力的な音です


ただ欠点では無いですが、元々が小レベルのミキサーアンプ
なので、ゲインは必要以上に高く、接続機器にもよりますが
入力側も出力側も
約-30dB〜-40dBは必要な感じです

IMG-1875

IMG-1876



WE252Aプッシュプルアンプ

以前に手放していたWE252Aが久しぶりにまた4本揃ったので

最適化したアンプを作って見ました。
IMG_1807

実は写真のようにWE252Aには4種類あります

1.細管(60㎜刻印)

2.太管(66㎜刻印)

3.太管(メッシュプレート)

4.細管(60㎜プリント)・・写真にはありません
IMG_1806

プッシュプルの位相変換にはいつも悩まされますが

どこかの記事で見た6N30Pをドライバーに使い

段間トランスにソフトンのRC20を使用したものが

音も周波数特性も素晴らしいので、今回もこれを使用しています
(トランスの2次側は解放です)


プレート電圧450Vで歪率5%あたりで、22Wの出力でした

繊細さの中にも図太い低域が魅力の自作の中ではベストなアンプです

252a

とは言え、この球が使われているオリジナルのWE59アンプを

10年以上探していますが未だに見つかりません・・・








TA-7257ネットワーク測定

流石に本家本元だけあって、かなり良い音がしています。

周波数測定と音の良さはあまり関係ないかもしれませんが

一応目で見える資料として測定をしてみました

F1


F2


まずはネットワークに繋がった状態の個々の測定です
TA-4181-PinkNoise
WE555+15Ahorn-PinkNoise
WE596A-PinkNoise

次は全部を繋いだ状態です

まずはMF6dB HF8dBATTを接続
All-15A-7dB-PinkNoise

次に中域のATTを外してオリジナル状態です

All-15A-7-0dB-PinkNoise


確かに中域(WE555&15Ahorn)が6dB程度上がって

全体的にフラットに見えます

この状態ですと本来ややうるさい感じがするのですが

特にそんな感じも無く15A本来の良さが出ています


これまで色々なネットワークを試していつも悩んでいた

15A596Aの繋ぎに問題がないことが分かったのが

大きな成果でした。


ただこのグラフでは若干広域の596Aがまだ強めなので

もう少し落とした方が良いかもしれません。














WE211

43アンプ用にWE211D&Eをオークションで数ヶ月かけて購入

IMG_1780


WEの211は結構不良が多いと聞いていたのでオークション購入
はかなりリスキーでしたが、1本不動品・1本はやや不良

写真は実機テストで電流チェック(80mA)済みの生き残り11本
これで何とかなりそうです。

テストのためにと思ってオークションで購入したサンバレーのアンプ

何と音が良い!!

元々送信管嫌いの私ですが、腰の座った重低音や抜けの良さは
噂通りでテスト後もすっかり聴き入っています!!

IMG_1778




WE300A vs WE252Aメッシュ

WE252A59アンプ(昔エイフルさんで聴いたことがある)

に使われていた美しいナス管で、以前も所有していましたが

今回メッシュの入手を機会に300Aとの聴き比べをしてみました

001

002

WE252Aの起源は諸説あり300Aの前身とも言われていますが

送信管なのでWE275Aの前身と考えられるそうです

(松並さんの記事)


ただCR結合では少し怖いので、ジャンクのシャーシで

トランス結合(クラーフ結合)のアンプを急いで作りました

WE262A-WE310A(3結)-UTCA16-WE300A

(15Hz20000Hz 1dB以内)プレート電圧440V


さて準備ができたところで、よく知っている300Aから

相変わらず、思わず吸い込まれそうな重厚でいて甘味

高域が出ている割に耳障りがなく、心地よさは最高


003


004


次にWE252Aに差し替えて視聴を開始

ノイズなし電流も60m流れていて、メーターも安定しています


音はかなり300Aに近い感じですが、良く言われているように

明らかに太さやメリハリをより感じます。

そんな事もあってすぐにLED-ZEPPELINに切り替えます

新型のLCRプリアンプのアシストもあってか、腰の据わった
内臓に染み渡る音は快感です


005

006


ただ歳のせいで自分の耳に高域フィルターが入ってしまっていますので

評価には若干信頼性に欠ける部分があります(笑)






北海道から届いたもの

プロ中のプロによる本格的なLCRタイプのプリアンプが到着

あまりの重量に宅配は不可能らしく事業所留めとの事で
一旦取りに行ってみましたが、すぐに引き返し、便利屋さん二人
に取りに行っていただき設置もお願いすることになりました

写真ではあまりわかりませんが、結構な大きさと重量で
見るからに良い音がしそうです

やっと落ち着きましたので視聴を開始。

LCRユニットは私も自作で製作したことのあるので
ある程度の音は想像していましたが、そんな予想は
一瞬で吹っ飛ぶくらいの素晴らしい音です

どんなに素晴らしいかをここで文章表現することは
難しいですが、過去にプリアンプと名のつくものは
相当使ってきた中で、今更比較する作業はまったく
不要と思えます

LCRの本当の良さを引き出すのは結構難しく、中途半端だと
CRの方が良かったりしますが、今回はもう大きく水を空けた
感じで、91Bとの相性も最高です

最大の欠点は一人では動かせない事です

写真は最初の1枚以外は、製作途中にお送りいただいたものを
使用させていただきました

001

002

003

004

005

006

007















TA-7257

中々オリジナルを見ることが無いTA-7257が入手できましたので
少し写真を撮影しておきました。
4181-555W(15Aホーン)-596Aにて使用予定
P1010023

P1010024

P1010026

P1010027
P1010029

P1010030









WE300Bプッシュプル

WE300Bの製作記事は沢山あり、素人なりに色々と試して見ました
特にドライブ段は色々なトランス方式や様々なCR結合の位相反転を試みました
周波数特性で見るとNFBのかかったCR方式に勝るものはありませんが
あまり好みの音になりません。
トランスドライブは心地よい音(例えばWE86アンプ)にはなりますが
特性にピークが出たり、それを補正するうちに音まで変わってしまいます
そして最後にたどり着いたのがWE336AでソフトンのRC20を使う方法です
RC20はシングル用ですが中間タップもあり解放接続でも非常に特性が良さそうです
流石にWE336のパワードライブは強力でロックのバスドラやベースの唸りは明らかに
これまでとは違います。

P1010019
300Bpp









ブログ回復しました

サーバーの変更などがあったようでしばらくブログが見れない状況であったようです
大変申し訳ございません。
現在は改めてDNS変更して見れるようになっています

写真はTA7396の発掘現場(廃業した映画館?)で、あまり見ることのない風景です

unnamed (2)
IMG_7787

オーディオルームまとめ

纏めてみました・・

(ROOM-A)
一言で迫力のある押し寄せるような音です

(ROOM-B)
空間を占有したような優雅でセクシーな雰囲気の音です

room-a

room-b





WE713B

WE555と15Aホーンは非常に良いのですが、木製ホーンの宿命で、
どうしても3K〜高域は大きく減衰します。

現在はWE596Aを追加していますが、これは元々がツィーター
なので3K〜5K辺りは逆に厳しくなります。

そこで今回WE713Bを入手したので、早速測定をしてみました。
WE713Bはフェノール製のダイアフラムなので10K超は望めませんが
単体で鳴らしてみても独特の魅力的な音がします。

WE713B

32aHorn


最適では有りませんがWE32Aホーンを付けて測定開始

test

1Kから10Kは良い感じですが、この中途半端に曲がった
WE32AホーンはWE15Aに取り付ける良い方法はまったく
思いつきません・・・・

WE713B-32a-2-PinkNoise
 






 

WE86の特性

86

WE86は非常にゲインの高いアンプでそのままの仕様では使えないので
殆どの方が2段目の262Aをジャンプさせてられます。
しかし、それでもなおかつハイゲインの為に何とかしなければなりませんが 
このアンプは簡単な接続変更のみで各種ゲインの 変更が可能です
スクリーンショット 2018-08-05 17.03.18
まず262Aを1段パスする方法は5と6を解除して5と16を繋ぐだけで完了
次にこのインプットトランスはかなりハイゲインなので、トランスを使用
する場合は 1と3を外して1と4を接続、更に16と17を外して17と18を接続
これで60dBはゲインが落とせます。
但し、インプットトランスで周波数特性は悪くなるのと、直列に抵抗が
入るのであまり良くないとされています。
但し、インプットトランスを通過させた方が心地よい音かもしれません
ここは他のプリなどとの相性もあり何とも言えません(私のプリは62)
もう一つはインプットトランスを外してやって、途中のゲイン調整用の
抵抗は全てパスします(点線の接続)
今回はこの状態で測定しています。
音は勿論素晴らしいですが、インターステージタイプのアンプとしては
素晴らしい特性です。
ゲインもちょうど良く、現在はこの状態で使用しています。
WE86
こちらは前段のWE62アンプ
62


 

WE15Aホーンの取付け方法

異様な形の上に重くて巨大な15A(17A)ホーンは他のどのスピーカーよりも苦労します
とにかくバランスが悪く3人で持ち上げても何故かどちらかに傾き危険です

この扱いにくさから、床にそのまま置かれる方も多く見かけますが私の場合は
ウーハーを置きたかったので苦労が始まりました(笑)

私の場合はたまたま2階のリビングに強力な梁があるのを見つけて、そこに専用の
金具を作って前側吊り下げる事にしました。
梁の無い場合は梁または強力なたる板を渡す必要があります。

001

002

次は後ろに回って、1本のチェーンを補強されている部分から取り出し中心のフック
に止めるのですが、このバランスは微妙でチェーンは必ずホーンの背の部分に沿って
いなくてはなりません。

従って、チェーンは真上からではダメで、最適な後方の位置を探す必要があります。

こうして重みがチェーン全体にかかれば一応OKとされていますが結構押すと横揺れ
しますので、私の場合は地震も怖いのでさらに強力なロープで左右に固定しました。

004

003

005
このように後方に引っ張る仕掛けが必要なので、かなりホーンより後ろ側にも
スペースが必要です。
以上何かの参考になりましたら・・・やれやれ!

LCR RIAA EQUALIZER UNIT

P6030034

P6030039 (1)

P6030044 (1)

こちらは鈴木さんの所で作っていただいたWE製の純鉄コア仕様のLCRユニットです。

到着したばかりなので日曜日にでもWE129Aを使ってセッティングの予定。


LCR-EQ プリアンプ

P5130030

トラブルが多く時間がかかりましたがやっと自作LCRプリアンプ完成しました。

何しろWE506Aトランスで20dB・LCRユニットで20dBのゲインロスが出てなおかつ最終では30〜40dBのゲインを必要とするので普通のプリアンプのようには行きません。

結局、310A(5結)-310A(3結)-508Aトランス-LCRユニット-600:10Kトランス310A(3結)となり、最終ゲイン36dBをノーノイズで獲得出来ました。


TA-7257

P2110030
WE555+15Aホーンで少し手こずりましたがTA-7257を
使用してTA-4181/WE596のバランスを取り直した所
格段に良くなりました。
WEall-PinkNoise
スケール感が大きく、体全体が音に包まれるような
独特の雰囲気のあるサウンドです。


WE594を中心としたシステム測定

改めてストレートホーンのWE24Aホーンの特性を調べてみました
元々WE594は高域まで出るので有名ですがそれにしても殆ど
ツイーターは不要なくらい素晴らしいです。
 P1140001
we594+we24A-PinkNoise

このシステムのウーファーはRCAのフィールドタイプMI1432
P1140003
mi1432a-PinkNoise

TWはカンノ製597タイプ
kanno597-PinkNoise

3Wayネットワークを介した状態ですが、現在はTWを外していて
2Way状態で聞いています。

all-PinkNoise





 

周波数測定

WE555とWE15Aホーンの組み合わせは、実はかなり難しい・・

P1130115


これはWE555本体だけを測定しているが結構高域まで伸びている
従ってストレートホーンであればまったく問題が無い
 we555hornless-PinkNoise

次は15Aホーンとの組み合わせですが、下の方はかなり伸びていますが
距離の長いカールホーンの影響か高域は3KHzが厳しい感じです

we555+15a-PinkNoise

次にその中高域を補うべくWE596Aの特性を見てみます
何とか繋げそうです。
we596a-PinkNoise

次にTA4181ウーハーを見てみます。
結構高い所まで出ていて、これとWE596Aでも繋げそうです
ta4181-PinkNoise

そこでこの三つを重ねて見ます
all
これを見ると低域は150Hz辺りでWE555とTA4181を繋ぐのが良さそうです
やはり問題は高域で、WE555の減衰とWE596Aの立ち上がりに
ディプが出てしまいます。
ここをどうするか思案のしどころです・・・? 

参考までにホワイトノイズによるWE555とWE596A
555+596
という訳で、できれば200Hzと2KHzでネットワークを繋ぎたいが
WE596A以外のミッドハイを探す必要があるかもしれない!


 







 

LCRイコライザー

WEの全盛期にはまだLP用のRIAAが存在しないために
Phoneイコライザーアンプはありません。

しかしやはりWEの音を望まれる方も多く、一番ポピュラーな
方法(と言っても中々見つけるのも大変です)が、WE129A 
の4chの2chをイコライザーの為の前段アンプとして使用し
残りの2chアンプの間にLCRイコライザーユニットを挟む
方法です。 

ここでは、以前に岡本研究所が発売した WEのパーマロイコアを
使用したRIAA-1Aユニットを使っていますが、予想以上に
エネルギーがあり、SNも良好で快感です。
特注シャーシに収納しました。 

oka-01

oka-02

DSC03129




 

WE594A&WE24A Horn

WE594Aは汎用性の高いWE555と異なり、低音用のウーハーと
セッティングする事を目的として作られたかなり高度なレシーバーです。

初期のWE製ダイアフラムを使用したものと後期のアルテック製
までありますが555ほど生産量も多くない為に、程度の良い物が
入手しにくくなってきています。

1936年頃から、86アンプとの組み合わせが多かったと思われます。
 
圧倒的なスピード感と迫力は24AホーンとTA7396/TA4181A×2

組み合わせにより、最強のシアターサウンドとなりますがとても
家に入らないのでウーハーは現在RCA MI-1432A 15インチ
(38
センチ)ウーファーです。
 

DSC03386

DSC03384

594-001

594-002

594-2

we24a009

we24a010

IMG_0950
MI-1432A
IMG_3107
タンガー電源







にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

GIP7003&TA-4181

GIPから黒塗りのGIP7003が到着し早速セットしてみました。
WesternElectricTA-7396を原型に家庭用にシングルウー
ハー用
になっています。と言っても相当の重量と風格が
あります。
適合ユニット口径:18インチ(46cm)
方式:後面開放型

材質:米松

外形寸法:W1405×H1016×D820mm

WE555&15A
ホーンと組み合わせてある例をあまり見ませんが
以外と相性も良く、違和感無く巧く繋がっているようです。
まだ調整中ですが、スピード感があり、十分な重低音の割には
こもった感じも無く、快適です。
かなり大きな音でも鳴らしてみたいのですが、防音されてない
部屋なので、留守を見計らって()

DSC03373

DSC03375

DSC03355

DSC03361

DSC03358

DSC03370

DSC03372

DSC03364

DSC03371
WE555&WE596とTA-4181用タンガー電源











  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

WE-1086

WE91と並び86アンプとしてWEマニアの多くの方々に評価
の高いパワーアンプです。
インプットトランスの後に262Aの3段増幅はあまりに高
ゲインなので、1本飛ばして使用し、更にラグ端子の選
び方で、何種類ものゲイン調整が可能です 。

程度の良いオリジナルも非常に少なくなりましたが、
これらのトランス類と300Aプッシュプルの組み合わせは、
同じソースでも違う世界に連れて行ってもらえます。

46アンプと同じくインプットインピーダンスは250Ω以下が
必要です。(インプットトランスをパスさせてられる方もあり
ますが、あまりお勧めできません)
なを、プリアンプには62アンプを使用しています。

86-01

86-02

86-03

86-04

86-05

86-06







  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

TA-4181

1936年に誕生した低域用レシーバーユニットととして有名なTA-4181
シアター用ミラフォニックサウンドシステムとして使用されました。
18インチ/22Kg/24V/ 家庭用としてはシングルで十分かと思います。
近く、GIP製のエンクロージャーに入れて15Aとのセッティングを
予定しています。

DSC03291

DSC03304

DSC03297

DSC03295

DSC03303






  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

NETWORK TA7257

WE555を中心としたシステム用のネットワークとしてTA7257がありますが
こちらも完全なオリジナルを見る事はほとんどありません。
しかし、パーツとして7Aトランスやコンデンサなどは残っていますので、
これを利用したオリジナルに近い物が販売されています。
クロスオーバー300Hz/3000Hz/6dbでWE製の純鉄コアが使用されています。
さすがに中域は2μのコンデンサーを通るだけなので、抜けの良い力強い音ですが
使用するホーンによっては別途ATTで全体のバランスを取る必要があります。

DSC02717
この可変抵抗はツィーター用のものです。
DSC02718


こちらは12db/octで、ATTを可変してもインピーダンスは一定。
コンデンサーはWEのものを使用しています。
DSC02723

DSC02722

att





  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

TA-4151

WE社が1930年代にJensen社に特注した13インチのWoofarです。
そのスピード感と音質は非常に人気がありますが、だんだんオリジナル
も見かけなくなりました。
励磁型ですが、背中に電源を背負っているので別電源は不要です。
また帯域も広く、WE555無しでWE597Aなどのツィーターとの
組み合わせた2WAYもすばらしい音がします。

DSC02903

DSC02904

DSC02905

DSC02895

DSC02894

DSC02913

DSC02920







  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

WE555

ウエスタンエレクトリックを代表するスピーカー(レシーバー)
15Aホーンなどとセットで多くの映画館に使用され、初期の
WE555Wからアルテック製まで、かなりの数が生産された
関係上、今でもわりと容易に手に入れる事が出来きます。 
あらゆるホーンにもマッチしWEの中では使いやすい機器です。

555-01

555-02

555-03

555-05

555-06

IMG_3122
GIP製の変換スロートで24Aホーンにセットした物








  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

WE15A Horn

1928年頃に開発された大型のカールホーン。
WE555と2W以下のアンプでもこのホーンがあれば映画館になります。
もっとも、更に大きな映画館ではこのホーンをいくつも並べて設置
されたそうで、確かに横にその接続キズがあります。
さすがに家に入れるとデカいのと、特殊な形状なので固定に苦労します

本来ホーンだけの名称は17AでWE555を1本セットしたものを15Aと呼び
アタッチメントで2本セットしたものを15Bと呼んだようですが、初期の頃は
このように15Aの名称のプレートが付いたものあるそうです。

DSC02722

DSC02720

DSC02728

DSC02726

mark

DSC02738
WE555Wレシーバーを使用しますが、かなり低い所まで音が出ます。
その為にウーハーとの自然な結合は結構苦労します。






にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

WE596A/WE597A

WE555は素晴らしいレシーバーですが、さすがに高域は厳しく、大型ホーンだと
どうしてもツィーターが必要となります。

 ウエスタンエレクトリックで威信をかけてコストには目もくれず開発したツィーターが
WE596AやWE597Aです。

最近ではオリジナルを見る事は難しくなってきましたが、これは初期のもので
WEのマークがシールではなく、プレートになっています。 

we596A-1

we596A-2

we596A-3

we596A-4

we596A-5

we596A-8








  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

WE46

WE46はそれ以前のWE41+WE42のシステムのコンパクト版として
開発され、多くの映画館で使用されたようです。

出力は2W程度ですが、能率の高いWE555などと組み合わされて
素晴らしいパフォマンスを発揮した名機です。

前段の真空管が41/42に比べ1本少ないのをトランスでカバー。
その関係もあって、若干レンジは狭くなりますが、その分エネルギーは
中域に集中し、力強く感じる事から、こちらを好むユーザーも多いそうです。

いずれにしても普通の家庭に持ち込むのは、この辺りが限度のような・・

46-0146-02

46-03 46-04

room2

WE46アンプのドライバー段のヒーターは励磁電源で供給しています。
なをプリアンプの出力600ΩはWE702Aフェーダーで200Ωに変換して
46アンプに入っています。86アンプもそうですが、このインピーダンス
整合を間違うと本来の音質にはならないようです。




  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

WE62 プリアンプ

こちらは、シンプルなWE262Aシングルのプリアンプですが
 WEの傑作アンプに入るほどの音の良いアンプです。
ATTも出力の200Ωインピーダンスに合わせた特注品です。

DSC03115

DSC03118

62-03



  にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

WE129A

WE129Aと18型電源が入手出来ました。
完全なオリジナルではありませんがパーツ類
(197A、618B、230A、360E、221Hなど)は
全てオリジナルです。
RCA1603とWE348Aのアンプが4個内蔵されていて

半分プリアンプで半分はLCRイコライザーアンプとして
使用される方が多いようです(この試聴は後日レポートします)
Phoneの入力も618B(30Ω)なのでMC専用です

DSC03128

DSC03131

DSC03134

DSC03129

DSC03127














 
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村